作並エリアの観光情報

仙台コンパニオンおすすの作並周辺の観光情報

今回ご紹介するのは作並温泉の観光スポットです! 作並温泉は宮城県仙台市青葉区の西側に位置する温泉地で、古くから仙台の奥座敷として称されてきました。その由来は歴代仙台藩主のかくし湯と伝えられており、寛政八年(1796年)の開湯以来さまざまな文化人をはじめ多くの人々が訪れ今なお愛され続けています。たとえば明治の詩人・歌人である正岡子規は仙台や塩竈、松島観光ののち作並の岩松旅館に投宿した旅行記「はて知らずの記」を残していたり、画家・岡本太郎の父である漫画家・岡本一平、吉田茂の側近・白洲次郎もこの地を訪れ名湯に癒されていました。また、荒城の月の作詞で有名な仙台生まれの詩人・土井晩翠も作並温泉をこよなく愛したひとりでした。

作並温泉の開湯にはふたつの伝説が残されていて、ひとつは高尚・行基が東北地方行脚の際に溪流の響とともに聞こえてきた仏法僧の鳴き声に誘われて森の斜面に降り立ち、湧き立つ白い湯気を発見し、その効能と湯浴みの仕方を広く人々に伝えられたとする説。もうひとつは鎌倉時代、源頼朝が藤原氏討伐の際に、傷ついた鷹が温泉につかり元気に飛び立つ姿を見て温泉を確かめたとする説です。いずれも名湯作並温泉の発見伝説として語り伝えられています(^^) 作並までは仙台市街地から車で40分ほどと、気軽に豊かな自然を満喫できます♪

コンパニオンのご利用も多い地域ですので、ご利用の前や翌日などにぜひ様々な観光スポットにもお寄り下さい。

定義山

一般的に「定義如来」や「定義山」、あるいは親しみを込めて「定義さん」と呼ばれていますが、正式名称は極楽山西方寺です。
今から約800年前、平重盛(平清盛の嫡男)は平和祈願のため中国欣山寺に黄金を寄進し、その際に送献されたのが阿弥陀如来の宝軸でした。
平家が壇ノ浦の戦いに敗れた後は、平重盛公の重臣・肥後守平貞能公がこの宝軸を守り、源氏の追討を逃れるため名も「定義」と改め、この地に隠れ住みました。これが定義如来という呼び名の由縁でもあります。
仙台弁の発音特性から「定義」は「じょうげ」と発音し、現在の住所の小字も「上下(じょうげ)」になっています。多くの店が軒を連ねる門前町では、名物の三角あぶらあげが人気です♪

定義山
あぶらあげ

住所:989-3213 宮城県仙台市青葉区大倉上下1
電話:022-393-2011
時間:7:00-16:30

ニッカウヰスキー仙台工場(宮城峡蒸溜所)

ニッカウヰスキー仙台工場

作並に来たらぜひ訪れたいのが、ニッカウヰスキー仙台工場。
日本のウイスキーの父・竹鶴政孝が北海道余市の次に選んだ、もうひとつのウイスキーづくりの地です♪
冷涼な気候で、豊かな緑に囲まれ、清流・新川川が流れる作並はウイスキーづくりにもってこいの土地です。
製造工程の見学ができるほか、試飲できるサービスまであります!
まるでヨーロッパの山村のような佇まいを見せる赤レンガの工場と、作並の豊かな自然の風景に視覚も満たされそうです(^^)

住所:宮城県仙台市青葉区ニッカ1番地
電話:022-395-2865
見学時間:9:00~11:30、12:30~15:30(10名以上は要予約)見学無料!
定休日:1、8、12月に不定休あり

作並周辺のおすすめ飲食店

そば処 水火風弘(すいかふうこう)

素敵なロケーションの中に佇むログハウスのようなあたたかい雰囲気のお蕎麦やさんです。
手作りのお蕎麦は香りも喉越しも心地よい優しい美味しさでした◎
和の雰囲気の中にどこかモダンな要素を感じる内装はすべて手作りなのだそう!
大きな梁や囲炉裏の懐かしさとゆったり流れるジャズに癒されながらいただくお蕎麦は格別でした(^^)

そば処 水火風弘
そば処 水火風弘

住所:989-3431 宮城県仙台市青葉区作並湯ノ原6-3
電話:022-395-2490
営業時間:10:00~16:00
定休日:月曜日

満月

仙台の奥座敷と称される作並温泉にも、芸妓文化が華やかだった時代には置屋が点在していました。
現在ホルモン焼肉店として人気のこちらのお店もかつてはその中の一つです。
名物となっている秘伝「傳四郎のたれ」は、その昔、食堂を営んでいたマタギの傳四郎が仕留めた獲物の肉の保存用に生み出したたれで、のちに肉の保存用から様々な焼肉のタレとして珍重されています。
お肉もさることながらタレがまた絶品で…!ついつい箸が止まらなくなってしまいます(^^)

満月
満月

住所:宮城県仙台市青葉区作並元木字17-1
電話:022-395-2021
営業時間:昼 11:00~15:00 / 夜 18:00~23:00
定休日:火曜日(祝祭日の場合は営業)、12月31日〜1月2日

つつみ屋

揚げまんじゅうやお団子で人気のつつみ屋は、作並店が一号店です!
つつみ屋の団子は手間を惜しまず昔からの製法を守って製造されています。
注文を受けてから甘さを抑え素材の味が生かされるようにつくられたあんをつけてもらえるので、お団子のもちもち感を損なうことなく味わうことができます(^^)
仙山線作並駅から徒歩1分と、車がなくても訪れやすいのも魅力ですね♪

つつみ屋
つつみ屋

住所:989-3431 宮城県仙台市青葉区作並字相の沢32-7
電話:022-395-2161
営業時間:8:30~17:30

どうだんの里

自家製粉でそば本来の香りと喉越しを追求し続けるお店です!
木のぬくもりとオレンジ色の照明があたたかな雰囲気を醸し出す店内が印象的でした♪
そばは細めながらもコシがあり、そばの香りと喉越しを十分に感じることができます(^^)
窓から見える山々に季節を感じながらそばを味わう贅沢な至福のひとときをご堪能ください!

どうだんの里
どうだんの里

住所:989-3431 宮城県仙台市青葉区作並棒目木10
電話:022-395-3883
営業時間:11:30~16:00
定休日:火曜日

アルベロ

お店に入ると中央には天井いっぱいに広がる大きな木が!
白を基調とした店内に馴染みながらもよく映えていて印象的でした♪
細部までこだわられた装飾で、アンティークな世界観に時間を忘れてしまいそうです。
厨房には大きな薪窯があり、そちらで焼き上げられたピザはもっちりとした生地でとてもおいしかったです(^^)
デザートはプレートまで含めて芸術品のように盛り付けられており、食べる前からうっとりでした◎

アルベロ
アルベロ

住所:宮城県仙台市青葉区上愛子白沢23-1
電話:022-392-9570
営業時間:11:00~22:00(ラストオーダー21:00)
定休日:木曜日 水曜日はランチ営業のみ

湯のまち作並 観光交流館 ラサンタ

観光案内から地元の新鮮野菜や特産品を販売する物産販売コーナー、さらには無料でお楽しみ頂ける足湯まで完備された観光交流館です♪
先ほどご紹介したアルベロの二号店・アルベロカフェもあります。
作並温泉郷内に7尊祀られている「恋のお湯かけ地蔵」のうち1尊も置かれています◎
作並温泉郷の各旅館で購入できる「恋のお湯かけ小瓶」のお湯を地蔵にかけると恋が実ると言われており、恋愛成就の祈願に訪れるのもいいですね(^^)

ラサンタ
ラサンタ

住所:989-3431 宮城県仙台市青葉区作並字元木2-7
電話
ラサンタ 022-391-4126
アルベロカフェ 022-395-3430
営業時間
ラサンタ 9:00~17:00
アルベロカフェ 11:30~16:00(ラストオーダー15:30)
定休日
ラサンタ 12月29日〜1月3日
アルベロカフェ 木・金曜日、冬期期間(12月〜2月)

作並温泉 宿泊施設のご案内

山間を流れる広瀬川に沿うように宿が並んでおり、しばし日常を忘れられる静かな環境で日頃の疲れを癒してみてはいかがでしょうか?

ゆづくしSalon 一の坊
住所 宮城県仙台市青葉区作並字長原3
電話 0570-05-39763
鷹泉閣 岩松旅館
住所 宮城県仙台市青葉区作並字元木16
電話 022-395-2211
かたくりの宿
住所 宮城県仙台市青葉区作並字元木2
電話 022-395-2041
湯の原ホテル
住所 宮城県仙台市青葉区作並字元木1
電話 022-395-2241
La楽リゾートホテル green green
住所 宮城県仙台市青葉区作並字二橋5-12
電話 022-395-2011
作並温泉 都の湯
住所 宮城県仙台市青葉区作並元木2-16
電話 022-796-8026